[学習] Git基礎2

- ポインタ嫌いでも分かるGitブランチの基本――作成、確認、切り替え、masterにマージ、削除 (1/3):こっそり始めるGit/GitHub超入門(3) - @IT

ブランチ

VSSでの共有・分岐と同じか?

前回作成した c:\www\ のステータスを確認
$ git status
On branch master
nothing to commit, working tree clean
→ 「On branch master」と表示されるので「master」という名前のブランチにいることがわかる。

ブランチ一覧表示

git branchコマンドを使用する。
$ git branch
* master
→ masterブランチのみ存在

git logコマンドの「--oneline --decorate」オプションでポインタ(ブランチ)がどのコミットを指しているかを確認
$ git log --oneline --decorate
2074ba2 (HEAD -> master) modify test
23b5e47 first commit

ブランチの作成と切り替え

git branch ブランチ名 で作成
secondという名前のブラントを作成してみる。
$ git branch second

ブランチ一覧で確認
$ git branch
* master
second
→ secondブラントが増えた

ブランチの切り替えは git checkout ブランチ名 で行う。
$ git checkout second
Switched to branch 'second'

test@test-PC MINGW32 /c/www (second)
$ git branch
master
* second
→ カレントブランチ名の先頭には"*"が表示される?

ログを確認
$ git log --oneline --decorate
2074ba2 (HEAD -> second, master) modify test
23b5e47 first commit
→ 1行目(2074ba2)に secondが増えた。現在、masterとsecondは同じコミットを指している。(ただしカレントはsecond)

ブラント上でファイルの編集

現在のsecondブラント上でindex.htmlを編集しbodyノードを追加、コミットする。

$ git commit -m "add body to index.html"
On branch second
nothing to commit, working tree clean

test@test-PC MINGW32 /c/www (second)
$ git status
On branch second
nothing to commit, working tree clean

ログを確認
$ git log --oneline --decorate
a689281 (HEAD -> second) add body to index.html
2074ba2 (master) modify test
23b5e47 first commit

マージ

secondブランチの変更をmasterブランチに反映させる。

masterブランチに切り替えログを確認
$ git checkout master
Switched to branch 'master'

test@test-PC MINGW32 /c/www (master)
$ git log --oneline --decorate
2074ba2 (HEAD -> master) modify test
23b5e47 first commit

この状態でindex.htmlを見ると、secondブランチで追加したbodyは存在しない。

git merge ブランチ名 でマージ実行、ログを確認
$ git merge second
Updating 2074ba2..a689281
Fast-forward
index.html | 1 +
1 file changed, 1 insertion(+)

test@test-PC MINGW32 /c/www (master)
$ git log --oneline --decorate
a689281 (HEAD -> master, second) add body to index.html
2074ba2 modify test
23b5e47 first commit
→ masterブラントとsecondブラントが同じコミットになった
mergeした際に「Fast-forward」と表示された → Fast-forward(早送り)マージと呼ぶ。

ブランチ削除

git branch -d ブランチ名 で削除。secondブランチを削除してみる。
$ git branch -d second
Deleted branch second (was a689281).

test@test-PC MINGW32 /c/www (master)
$ git branch
* master

0 件のコメント:

Linux:CentOS7ネットワークの設定

※ Linux:VirtualBoxにCentOS7をインストール の続き CentOS7をインストールし再起動が完了したら user でログイン ネットワーク設定 ネットワークはとりあえう NAT + DHCP IPv4のみ で構成 "nmtui&quo...