miniDVビデオの編集メモ

昔に撮影したminiDVテープをすべてHDDに保存したい。

いま時点で最善の方法。
① ビデオキャプチャ
Area61 DVビデオキャプチャを使用
1回分のキャプチャで1つのAVIが作成される。

② 撮影日時データ抽出→字幕化(SRT作成)
どこかでダウンロードしてきた RecDateTime を使用する。
このツールに ① で作成したAVIを渡すと、勝手にSRTファイルが出来る。
※Area61 DVビデオタイマでも同様の処理が出来るが、このツールだとSRTの作成とAVIへの埋め込みをやってしまう?ようで遅いので却下。

③ AVIシーン分割
現時点での問題がここ。
シーン分割する方法がいまのところ不明。
PowerDirectorの自動検出を使ってみるも、遅いのでやめた。
とりあえずあきらめる。

④ 圧縮
Bluerayドライブに付録していた PowerDirectorV8が楽なので、これを使う。
① で作成したAVIを読み込んで [出力] で MPEG-2 で出力する。
90分ビデオの変換所要時間は約40分程度。

⑤ PowerDirectorV8プロジェクト作成
複数のMPEGをPowerDirectorで読み込ませ、1つのプロジェクトを作成する。
②で作成したSRTも読み込み、字幕を作成。
問題発生:PowerDirectorでは、複数のSRTを読み込むことができない。
(2つ目のSRTを読み込むと1つめの字幕が消える)
字幕の合成が必要。

⑥ 字幕の調整
PowerDirectorで②で作ったSRTを読み込むと、ビデオ時間より長かったり、⑦で合成した字幕を読み込むと、1秒程度字幕が短かったりする。
これは、②で作成した字幕の精度に問題がありそうなので微調整を行う。
PowerDirectorで1つのMPEGとSRTを読み込む。
字幕の長さを調整し、SRTのエクスポートを行う。
※エクスポートしたSRTファイルはUnicode形式で、⑦のSubtitleCreatorでは読み込めない。
テキストエディタ等へSJISへ再保存する。

⑦ 字幕の合成
SRTの合成には SubtitleCreator なるソフトが使えそうな感じ。
適当に使ってみる。
Setup_Subtitle_Creator_V2_3rc1.exeをセットアップ。
Subtitle_Creatorを起動
→ (念のため)[Display] - [Video Format] を [NTSC]にする
→ [File] - [Join subtitles files] のチェックを外す
→ [File] - [Open subtitle] で1つ目のSRTを読み込む
→ [File] - [Join subtitles files] のチェックを付ける
→ [File] - [Open subtitle] で2つ目のSRTを読み込む
→ "Do you want~" のメッセージ。[いいえ]を選択
→ [File] - [Open subtitle] で3つ目のSRTを読み込む
… 以下繰り返し
→ [File] - [Save SRT as...] で名前を付けてSRTファイルを保存する。

続く

0 件のコメント:

Linux:CentOS7ネットワークの設定

※ Linux:VirtualBoxにCentOS7をインストール の続き CentOS7をインストールし再起動が完了したら user でログイン ネットワーク設定 ネットワークはとりあえう NAT + DHCP IPv4のみ で構成 "nmtui&quo...